シルクドゥソレイユ福岡 2019 キュリオス

チケットぴあ

シルクドゥソレイユ 福岡 2019 キュリオス

シルクドゥソレイユの新作「キュリオス」が、東京、大阪、名古屋に次いで福岡にやってきます。公演の期間は、2019年2月15日(金) 〜 3月31日(日)、会場となるのは、前作の「トーテム」同様、筥崎宮外苑に設置される「福岡ビッグトップ」です。

 

今回の作品「キュリオス」は、シルク・ドゥ・ソレイユ創設30周年記念の特別な作品とのこと。これまでの上演で、世界各国、すでに400万人も観客動員を誇っているようです。(そう聞いただけで、何となく期待が高まります。)

 

舞台は19世紀の産業革命の時代、ただその中にもどこかしこに新しい未来をほうふつされる雰囲気を併せ持つという設定です。

 

好奇心旺盛な主人公シーカーが、間に合わせのアイテムを使って作った機械の世界に足を踏み入れるとことから物語の歯車が回り始めます。時はおりしも「1」が、4つ並び幸運の時間と称せられる「11:11」、果たしてシーカーは、機械の世界でどんな出来事に遭遇し、どんな体験をするのでしょうか? 興味深いところです。

 

今回のキュリオスの演出を担当するのは、これまでにマドンナの舞台の演出手掛け、その大胆かつ革新的な演出が高い評価を受けているミシェル・ラプリーズです。
そのラプリーズも前作「トーテム」の演出を手掛けたロベール・ルパージュ同様、なかなかの親日家のようです。(そう聞いただけで何となくラプリーズに親近感を覚えるから不思議です。)

 

さて、シルクドゥソレイユといえば、なんといってもあの超人的ともいえる「人間アクロバット」が、とくに有名ですが、今回のキュリオスでは、どんな演技で福岡のファンをもてなしてくれるのでしょうか?

 

 

 

▽チケットの情報
 先行先着 情報を入手次第記載します。
 一般発売 情報を入手次第記載します。

 

▽福岡公演日程

期間 回数 会場
2019年2月15日(金) 〜 3月31日(日) 全64回 福岡ビッグトップ(筥崎宮外苑)

 

 

 

関連ページ

シルクドゥソレイユ 福岡 2017
福岡で開催のシルクドゥソレイユ 2017 トーテムのチット情報