エンターテイメント サーカス

チケットぴあ

シルクドゥソレイユ 2018 キュリオス

シルクドゥソレイユの新作「キュリオス(KURIOS)」が、2018年2月7日(水)の東京お台場を皮切りに大阪、名古屋、福岡、仙台の各ビッグトップにやってきます。今回のツアーショー「キュリオス」は、シルクドゥソレイユ創設30周年記念の特別な作品で、2014年の初演以来、ニューヨークやカナダなど世界20都市以上の公演で、すでに300万人以上の観客を魅了してきたといわれています。”夢のサーカス”と称せられ、世界中の多くのファンから愛され続けている「シルクドゥソレイユ」、今回の”キュリオス”では、どのようなキャラクターたちが登場し、どのような演目で私たち日本のシルクドゥソレイユファンを驚嘆と感動の世界へ導いてくれるのでしょうか?

 

前回のシルクドゥソレイユ 「トーテム」には、宮海彦さんという日本人の方が、最初の演目に出演されていましたが、今回の「キュリオス」にもBLACKさんという方が出演され、ヨーヨーを超高速で操る演技を披露してくださるそうです。ちなみに「BLACK」さんは、ヨーヨーの世界大会で金メダルを2度も獲得したことのあるヨーヨーの達人、そのBLACKさんが今回のキュリオスで、どんな技を見せれくれるのか楽しみです。

 

”夢のサーカス” シルクドゥソレイユ 「キュリオス」の東京、大阪、名古屋、福岡、仙台の各地区における日程は以下の通りです。
▽東京公演日程

期間 回数 会場
2018年2月7日(水)〜4月8日(日) 全83回 東京お台場ビッグトップ
2018/4/17(火) 〜 2018/6/3(日) 全69回(追加公演)
2018/6/4(月) 〜 7/8(日) 全49回(最終公演)

 文化放送スペシャルサンクスデー 2018/3/23(金)
 なお、ビッグトップとは、移動式テントのことです。

 

▽チケット発売スケジュール(チケットぴあ)
 ・先行先着 2017/9/9(土) 10:00〜2017/9/22(金) 23:59
 ・一般発売 2017/9/23(土) 10:00より発売
 ・先行先着(追加) 2017/11/18(土) 10:00〜2017/12/1(金) 23:59
 ・一般発売(追加)  2017/12/2(土) 10:00〜

 

発売状況は、以下から確認できます。

・チケットぴあ 
シルク・ドゥ・ソレイユ ダイハツ キュリオス
icon

 

・フジテレビエンタメチケット!

キュリオス 東京公演
(ただし、平日のみ)

 


(画像は、前回のトーテムのものです。

 

 

▽大阪公演日程
 期間2018年7月26日(木) 〜 10月29日(月)
 回数全132回
 会場中之島ビッグトップ(特設会場)

 

 チケット発売スケジュール(チケットぴあ)
 ・先行先着 2018/1/1(月・祝) 10:00〜2018/3/1(木) 23:59
 ・先行先着(コンビニ) 2018/1/6(土) 10:00〜2018/3/1(木) 23:59
 ・一般発売 2018/3/3(土) 10:00〜

 

 発売状況はこちらからチェックできます。
 ⇒  シルク・ドゥ・ソレイユ 大阪
icon

 

 

▽名古屋公演日程
 期間2018年11月22日(木) 〜 2019年1月27日(日)
 回数全93回
 会場名古屋ビッグトップ

 

 チケット発売スケジュール(チケットぴあ)
 ・最速抽選 2018/4/14(土) 11:00〜2018/4/18(水) 11:00
 ・先行先着 〜2018/6/1(金) 23:59

 

  発売状況はこちらからチェックできます。
 ⇒  シルク・ドゥ・ソレイユ ダイハツ キュリオス 名古屋
icon

 

 

▽福岡公演日程
 期間2019年2月15日(金) 〜 3月31日(日) 
 回数全64回
 会場福岡ビッグトップ

 

チケットの情報
 ・先行先着 2018/8/1(水) 10:00〜〜2018/8/19(日) 23:59
 ・一般発売 2018/10/6(土)10:00〜

 

  発売状況はこちらでチェックできます。
   チケットぴあ ⇒ シルク・ドゥ・ソレイユ 福岡
icon

 

▽仙台公演日程
 期間2019年4月19日(金) 〜 5月29日(水)
 回数全58回
 会場仙台ビッグトップ

 

今回のシルクドゥソレイユ ”キュリオス”の演出を手掛けるのは、、ミシェル・ラプリーズです。ラプリーズは、これまでに大胆かつ革新的なイベントやステージを演出を数多く手掛けてきた演出家、その彼がどんな演出手法で観客を夢のサーカスへと導いてくれるのか? 興味津々です。

シルクドゥソレイユとは

シルクドゥソレイユは、直訳すると「太陽のサーカス」、1984年にカナダに設立され、いまや4,000名のアーティストとスタッフを抱える世界的エンターテインメント集団です。

 

シルクドゥソレイユがエンターテインメント集団と称される訳は、その形態が、サーカスでおなじみの空中ブランコや大道芸にとどまることなく、全体としてのストーリーがあり、パーカッションやギターなどの生演奏の音楽をバックにしたミュージカル風の演出があったり、照明はもちろんメイクや衣装にいたるまで独自の演出で構成されている多彩なショーであるからにほかなりません。しかもそのどれもが芸術的にも高く評価され、世界中の多くのシルクドゥソレイユファンから「夢のサーカス」とも称せられています。なかでも超人的ともいえる「人間アクロバット」は、感嘆ものといえるでしょう。

 

今回のタイトル「キュリオス」とは、「好奇心」「骨董品」という意味を持つシルクドゥソレイユ独自の言葉だそうです。舞台は、19世紀の産業革命の時代を彷彿させながら、近未来を感じる雰囲気をも持ち合わせている世界。舞台裏の時計の針が、11:11 を指すころ、目に見えない世界が存在すると信じている主人公シーカーが、骨董品で作った機械の世界に足を踏み入れるところから物語が始まります。

 

チケットの発売状況は、こちらからチェックできます。
 ⇒ シルク・ドゥ・ソレイユ ダイハツ キュリオス
icon

 

ストーリーは幸運の時間といわれる時計が「11:11 」を示したところから始まり、実は、終わり表示は「11:12 」。そのわずか1分間の間に主人公シーカーに、どんな冒険が待ち受けているのでしょうか? それはあたかもタイムマシンの世界でもあるかのように。。。?

 

また、ショーを見た後、どこかで偶然にも時計表示が「11:11」になっているのを観かけたら、客席で観た「キュリオス」のいくつもの感動的なシーンを思いだしてもらえればと、演出担当のミシェル・ラプリーズは語っています。

 

▽上演時間
休憩含めて約2時間15分程度の予定とのこと。(1幕:約55分、休憩:30分、2幕:約50分)